人類初!『ブラックホールの飼い方』わかる

ブラックホールをペットにする、奇想天外な物語。

かの有名な宇宙現象・ブラックホール。世界各国の研究者が協力し合って、史上初の撮影に成功したというニュースは記憶に新しいところ。

しかし今度は、そのブラックホールを飼ってみた。って、一体・・・?

意表をつく角度で、ユーモアたっぷりに物語を紡ぐ名手ミシェル・クエヴァスの新作児童書『ブラックホールの飼い方』が、小学館より2020年10月7日に発売となりました。

ブラックホールの飼い方

作/ミシェル・クエヴァス 訳/杉田七重

2020年10月7日発売・小学館刊

本体1500円+税

試し読みをする

購入するボタン

■かわいいペットは、ブラックホール!?

科学や宇宙が好きな11歳の少女・ステラは、宇宙研究施設NASAからの帰り道、人間ではない何かにあとをつけられる。

とことん真っ黒で、目の奥に小さな銀河が広がっているそれは、まるでブラックホールみたい。このブラックホール、子犬みたいに健気で愛嬌もあるうえに、嫌なものをなんでも飲みこんで片付けてくれるので、ステラは大助かり。

ところが、あるものが飲みこまれてしまい、ステラはブラックホールの中へ取りに行くことになり・・・・・・。

ブラックホールと少女の心の穴がリンクする、喪失からの立ち直りに寄り添う感動の物語なのです。

 

しかし、本書、「奇想天外でユーモラス」だけが売りではないのです。

軽い語り口ながらも、愛に満ちたやさしいメッセージを内包し、それを読者に届けるためのギミックが最高なのです。

イタリアの権威ある文学賞「ストレーガ賞」の児童書部門の最終候補作に選ばれただけのことはあります。ボローニャ・ブックフェア2019の会場にて、発表&紹介され話題になり、世界8カ国語に訳されています。

「イメージ豊かに語られるゆかいなエピソードで読者を存分に笑わせ、楽しませながら、肉親の喪失という重いテーマを描ききるのは、まさにこの作家にしかできない芸当だろう」(訳者あとがきより)

ブラックホールの飼い方

作/ミシェル・クエヴァス 訳/杉田七重

2020年10月7日発売・小学館刊

本体1500円+税

試し読みをする

購入するボタン

 

 

【関連記事】

大人になる前に読みたかった! 『ブラックホールの飼い方』書店員の心震わす
2020年10月7日に小学館より発売されたミシェル・クエヴァスの新作児童書『ブラックホールの飼い方』。 小さなブラックホールをペットにする...

注目の子ども向けの本

お知らせ

最新記事

  • 『おふとんさんとおはようのあさ』

    コンドウアキの「おふとんさん」シリーズ、待望の最新作! 【あらすじ】 やさしいぬくもりに包まれて、いつまでもいつまでも寝ていたい……。 本作は、おふとんさんの中で眠るのが大好きな、はあちゃん...

  • 『マラマンダー』

    【あらすじ】ホテルの忘れもの係の少年が伝説の謎を解く! 夏はにぎわう観光地、しかし、冬になると濃い霧に包まれ不思議なことが起こる海辺の町イアリー。魔物がすむという伝説のあるイアリーの海は通...

  • 『鬼ばばの島』

    試し読みはこちら すべてをすてても、やさしさはすてられない 【あらすじ】 青海原の小さな島に、大きな鬼ばばが一人くらしていた。 「かまわんとならんもんが、おらんのはええ」と言いながらも...

  • 『くろねこのほんやさん』

    本が大好きなくろねこが本屋さんを始めたら、お店が大人気に! 【あらすじ】 本を読むのが何よりも大好きなくろねこがいました。 家族のねこたちは、ロボット作りや、コックさん、ダンサーや、音楽家など...

もっと見る

SNS

小学館の児童書

ぴっかぴかえほん

小学館キッズ